« 般若心経解説(2)三種の般若 | トップページ | 音声できく般若心経(補足2件あり) »

2007年5月18日

般若心経テキスト

~ シリーズ最初からよむ人はこちら ~ 


 本文の解説に入る前に、まず三蔵法師玄奘の漢訳と読み下し文をあげておく。


  摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多咒 即説咒曰

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経


**********


  摩訶般若波羅蜜多心経

 観自在菩薩、深き般若波羅蜜多を行じし時、五蘊は皆空なりと照見し、一切の苦厄を度したまえり。
 舎利子、色は空に異ならず。空は色に異ならず。色は即ちこれ空なり。空は即ちこれ色なり。受・想・行・識もまたかくの如し。
 舎利子、この諸法は空相にして、生ぜず、滅せず、垢つかず、浄からず、増さず、減らず。この故に、空の中には、色もなく、受・想・行・識なく、眼・耳・鼻・舌・身・意もなく、色・声・香・味・触・法もなし。眼界もなく、ないし意識界もなし。無明もなく、また無明の尽くることもなし。ないし老も死もなく、また老と死の尽くることもまたなし。苦・集・滅・道もなく、智もなく、また得もなし。
 得る所なきを以っての故に、菩提薩埵は般若波羅蜜多に依るが故に、心に罣礙なし。罣礙なきが故に、恐怖あることなく、一切の倒夢想を遠離して、涅槃を究竟す。三世諸仏も般若波羅蜜多に依るが故に阿耨多羅三藐三菩提を得たまえり。
 故に知るべし、般若波羅蜜多はこれ大神咒なり。これ大明咒なり。これ無上咒なり。これ無等等咒なり。よく一切の苦を除き、真実にして虚ならず。故に般若波羅蜜多の咒を説く。即ち咒を説いて日く。

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

般若心経


 現代語訳や解釈については、たまたま見かけたものとして以下のサイトをあげておく。

智光院という禅寺のサイトに『般若心経』解説があり、概略が解説されている。

K&S研究所のサイトの般若心經解説はトランスパーソナル心理学などの観点から解釈しているらしい。

般若心経 解説No.1サイト◆般若宗HPは、なかなか詳しい。かなり研究している人だと思われ、般若心経の世界の匂いのようなものは感じられるのだが、独得な解釈もあり、ちょっとのめり込みすぎている感じがしないでもない。ある程度自分のなかで般若心経の理解が確定してから批判的に読んでみると、いろいろと刺激を受けるところがあるかもしれないが、少なくとも初心者は避けたほうが無難。


 なお、私の解説ではサンスクリット原文をしばしば参照するが、サンスクリット表記法がよくわからない人もいそうなので、原文を提示しておきたい。(クリックすると拡大)

『般若心経』サンスクリット・テキスト

『般若心経』サンスクリット・テキスト
立川武蔵『般若心経の新しい読み方』より



人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。

招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書



|

« 般若心経解説(2)三種の般若 | トップページ | 音声できく般若心経(補足2件あり) »

般若心経」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/15110464

この記事へのトラックバック一覧です: 般若心経テキスト:

« 般若心経解説(2)三種の般若 | トップページ | 音声できく般若心経(補足2件あり) »