« 『お布施ってなに?』を読んで | トップページ | 『功徳はなぜ廻向できるの?』を読んで »

2008年8月 2日

サンスクリット文字は口の形

 ここで扱うのはデーヴァナーガリー文字である。私にはこの文字が口の形を表わしているように思える。そこで、私が現時点でイメージしていることを不完全で暫定的ながらこの記事に書き留めておく。(学問的に信頼しうる内容ではないので、その点はご了解いただきたい。)

 古代インドのサンスクリットの発音を正確に知ることはできない。現代では地方により発音に違いが出てきている。私としては正確な発音を探りたいのでこんな試みをしているのだが、以下の解説は、サンスクリットを学習しようと思っている人には、簡便な記憶術のようなものとして役立つかもしれない。

 デーヴァナーガリー文字の活字は、たとえばこちらにあるので、それを参照しながら私の記事を読んでほしい。私の記事のフォントではちょっとイメージしにくいかもしれないから。ちなみに、私の記事に出て来ない文字のフォントはサンスクリット(Wikipedia)にある。

 なお、以下のローマ字表記はKH方式である。子音の下に点が付いている場合は大文字で表記している。また、発音特徴の類似したものをまとめて見ていきたいので順不同で解説しているし、私には分析不能なものもあるので、すべての文字を取り上げているわけでもない。



 全般的にいって、文字の上の横棒は口蓋を表わし、右側の縦棒は口を開ける(顎を下げる)動作を表わしていると思われる。したがって、縦棒がない文字は、あまり口を(下方に)大きく開けない。


 a〕 英語sumのuに当たる曖昧なア音である。左側の「3」は、上下の唇と舌を表わす。[a]の舌は、口の中でなんとなく中途半端な位置に浮いている。

 u〕 [a]音から、さらに下唇を突き出す感じになるなのだろう。


 U〕 長音「ウー」は、[u]音よりも舌を後方へ引っ張るような力をかけていると思われる。それが右側の弧で表わされている。

 e〕 顎を下手前にグーッと引いている。あるいは唇の両脇を斜め下に引いている。それが左棒の下部の斜め線で表わされている。

 i〕 [e]音ほどではないのだが、ちょっと唇を引いている。いちばん下のちょこっと出ている部分がそれを表わしているのではなかろうか?


 pa〕 ピンポン玉を口に含んだように口内に空間を作り、「ぽっ」と発音するような感じ。

 ma〕 p音とm音が類似しているということを念頭に置いていただきたい。[ma]音は「ンマ」と発音すると考えるとわかりやすい。上下の唇をぐっと圧して横一文字に引いて顎の下も緊張してから発声する。その様子が四角っぽい形として表わされている。左下のところが唇だと想像していただきたい。

 bha〕 口をつぐんだm音の形から斜め上に小さな息をぶっと吐き出すような感じなのだろう。左上の小さな丸は、小さな息を表わしていると見なすとよい。

 va〕 英語では唇を噛むが、サンスクリットではむしろ口の真ん中に中くらいの息をためてバッと出す感じなのだろう。[pa]よりも口内の空間が小さくて発音するという点に注意したい。

 ba〕 文字の形が[va]と類似しているが、丸の中の「ヽ」は、おそらく舌だろう。舌先前歯の裏にちょっと近づくのではあるまいか。

 Sa〕 「ヽ」はおそらく舌だろう。そして、この下側(舌と下前歯の間)で摩擦音を出してシャと発音する。shineのsh音だそうだ。

 za〕 この「シャ」は、ふつうのsha音である。口の上のほうで空気が擦れる音がするのだろう。

 ya〕 ヤは[ia]音と言ってもよい。左側「ノ」の弧形は、下唇か舌の動きを表わす。「ノ」はイ音の口で、唇または舌を斜め前下に押し下げ、その後に後ろに引いてア音を発音する。

 tha〕 曖昧に[ya]と発音した半開きの口の形から、舌を使って小さな息をぱっと破裂させる。

 ta〕 普通の[ta]音。かなり明瞭に発音すると考えるとよい。最後は斜め下に舌先が丸まっている。(下の前歯の裏に滑り込んでいる。)

 na〕 [ta]音と同じようだが、舌先がそんなに丸まらない。

 da〕 舌先が[ta]音より前(前歯の付け根あたり)から始まる。やはり舌先が斜め下の丸め込まれる。右の縦棒がないから、[ta]音ほど明瞭に口を開く意識がない。

Ta,Tha,Da,Dha,Na は、反舌音と言われるが、音が内にこもるような感じ。

 Ta〕 英語littleのtに当たる音だそうだ。縦棒がないからta音よりも口を開かない。「トゥア」のような発音なのだろうか。

 Tha〕 Taの半端な丸が完成するので、「トゥハ」と発音して口の中に空気を囲い込むような感じなのだろうか。

 Da〕 [da]音と比べて最後に舌先が前に出る(というかむしろ上に丸まる感じ)のだろうか。

 Dha〕 [da]音と同じようだが、口の中でモソッと破裂させるのだろうか。

 Na〕 舌を最後に口蓋に戻すような感じで、舌で空気を囲い込むような感じだろうか。

 ra〕 ゴロゴロうがいをするような[r]音ではなくて、べらんめい調の[r]音である。英語routeのrに当たる音。舌先が前方斜め上から斜め後ろ下へと急激に移動するのを表わしている。

 sa〕 これも左側はraと同じ形。舌先の終着点は同じと考えられる。形が四角っぽいのは、raよりも息が口内で擦れているからだろう。

 ka〕 左側はvaと同じ形だが、右側に線が出ているのは、口の奥で息が擦れていることを表わす。

 kha〕 仏教の伝統的な発音だとキャという音に近い。ただし、[ka]と言おうとして息が口蓋を擦って激しく前に飛び出るようにする。左側はraと同じ形である。[kra]音ではないのだが、息を強調するとキャに近くなる。

 pha〕 右側にkaと同じ線があるから、むしろ口の奥で息を震わせるようにしてh音を出しているのではあるまいか。

 ga〕 舌の真ん中かやや奥のあたりを口蓋にあて、舌先は上にちょっとだけ丸まる。

 ca〕 英語churchのchに当たる音。左側真ん中の横棒は、下唇をぎゅっと横に引くことを表わす。その下の曲線は、顎の形を現していると思われる。

 ja〕 英語judgeのjに当たる音。横棒は唇の両脇をぐっと引くことを表わし、そのしたの曲線は、下唇を下から丸めて下の前歯に被せていこうとするような感じを表わす。

 la〕 taのように舌の全部を前に出すのではなく、舌の後ろ半分を引くような感じなのだろう。

 gha〕 yaが終わったときの口の形からはじめて、thaのように息を前に破裂させないで、むしろ口の中で破裂させるような感じなのだろう。「グワッ」という音に近いか?

 jha〕 左側はiと同じ形である。したがって[ia]のような発音になるのだろうが、これがyaとは違うことに注意しておきたい。むしろ「ギャ」に近いのではなかろうか。

 Ja〕(ニャ) 口をすぼめて発音する形を表わす。「ニュ」という音で考えたほうがいい。

 以上は私の勝手な想像であり、必ずしも正しい発音になっていないかもしれない。しかし、古代ではそんなイメージで発音されていたのではないかと思うし、また、この記事を参考にしながら自分で口を実際に動かして発音してみると、文字を覚えやすくなるのではないかと思う。


 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。
 
 
 

招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書

 
 

 


|

« 『お布施ってなに?』を読んで | トップページ | 『功徳はなぜ廻向できるの?』を読んで »

仏教語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/42036180

この記事へのトラックバック一覧です: サンスクリット文字は口の形:

« 『お布施ってなに?』を読んで | トップページ | 『功徳はなぜ廻向できるの?』を読んで »