« 『サンスクリット入門 般若心経を梵語原典で読んでみる』を読んで | トップページ | 鎌田茂雄『般若心経講話』を読んで »

2008年9月18日

『ポケット般若心経(大本山読経CD付き)』を読んで


ひやさちや『ポケット般若心経(大本山読経CD付き)

 ひろさちやの本は、私にとっては簡単すぎて全く読む気にはならないのだが、CD付きというので中身を確認してみた。

 比叡山延暦寺(天台宗)と、高野山金剛峯寺(真言宗)と、大本山建長寺(臨済宗)での読経、そして、デリー大学哲学博士アニル・ヴィディヤランカール教授によるサンスクリット語の読経である。

 私はサンスクリット般若心経の読誦に興味があったわけだが、これはYouTubeのこちらの動画とほぼ同じ節回しといってよい。ただし、このCDでは最後の真言を3回繰り返している。また、YouTube動画よりも発音が少しばかり聞き取りやすいようにも思われる。

 僧侶の般若心経は、宗派ごとに雰囲気の違いがあって興味深かった。臨済宗のは僧侶8人によるものだが、なんだか各人が勝手な節回しで唱えていて全く統一がとれていない感じが面白かった。それでも馨子(けいす)、鈴(りん)、木魚付きなので、それなりに一つにまとまっている。


 ひろさちやの文章は初心者向きの内容なので、これにはあまり期待しないほうがいい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。
 
 
 

招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書

 
 

 


|

« 『サンスクリット入門 般若心経を梵語原典で読んでみる』を読んで | トップページ | 鎌田茂雄『般若心経講話』を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/42512649

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポケット般若心経(大本山読経CD付き)』を読んで:

« 『サンスクリット入門 般若心経を梵語原典で読んでみる』を読んで | トップページ | 鎌田茂雄『般若心経講話』を読んで »