« 『実践 般若心経入門』を読んで | トップページ | 『ほっとする良寛さんの般若心経』を読んで »

2008年10月12日

『知識ゼロからのダライ・ラマ入門』を読んで


長田 幸康『知識ゼロからのダライ・ラマ入門

 初心者・初級者向きのお薦め本である。

 私はここで多くのダライラマ関連の本を紹介しているが、いずれも仏教思想を理解するのに役立つものだった。しかし、この本はチベット問題のアウトラインを認識しておくのに便利な本である。あくまでもアウトラインだから要点しか書かれておらず、詳しくは別の本を参照することになるが、第一歩としてはこのような入門本を読んでおくことをお薦めしたい。

 私のブログを読んでいるような人ならば、ダライラマがどんな人物なのかは既に知っているとは思うが、この本では、《第一章 【入門編】そもそも「ダライラマ」って、どんな人?》として、チベットの農家生まれの仏教僧侶であること、国王であるにもかかわらず軍隊も持たず亡命の身であること、チベット問題のキーパーソンであり、ノーベル平和賞を受賞して世界中でVIP待遇を受けている人物であることなどが簡単に説明されるところから始まる。

 第二章ではチベットの歴史、第三章ではダライラマの亡命までの半生、第四章では亡命後の活動が解説される。第四章ではダライラマの思想について要点だけまとめられているが、私のブログ記事を読んでいる人にとっては目新しい内容は全くないだろう。《第五章 人間、ダライラマの素顔》では、ダライラマのさまざまな側面を紹介している。

 北京オリンピックの聖火リレーでチベット問題が注目されて以降、現在の日本には反中国的なプロパガンダかと思えるような本が多いが、まずはこの本あたりを基本知識としておくと、冷静にチベット問題を見られるのではないかと思う。



 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。
 
 
 

招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書

 
 

 


|

« 『実践 般若心経入門』を読んで | トップページ | 『ほっとする良寛さんの般若心経』を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/42760880

この記事へのトラックバック一覧です: 『知識ゼロからのダライ・ラマ入門』を読んで:

« 『実践 般若心経入門』を読んで | トップページ | 『ほっとする良寛さんの般若心経』を読んで »