« 音声で触れるジャイナ教 | トップページ | 音声で触れるチベットと中国の仏教のマントラ »

2008年12月 3日

音声で触れるオーム・マントラ

 
 「オーム」は、マントラの基本とでも言うべきものではないかと思う。真言でも「唵(オン)」という言葉でよく出てくる。
 
 
 
 
 最初のほうは、ちょっと恐い感じのする人もいるだろうが、ヴェーダの神々の雰囲気がよく出ているのではないかと思う。
 


OM - Mantra chant

 
 
 
 
 こんなBGMが心に流れているような感ががインド瞑想と考えてよかろうと思う。
 

Chanting OM by MUSIC FOR DEEP MEDITATION

 
 
 
 
 こちらはスリーヤ神(太陽神)への礼拝。
 

MANTRA-OM SURYAY NAMAHA-VYANAH

 
 
 
 
 以下のようにチベット僧が画像に出ていたり、チベットのタンカ(仏画)が画像に出ていたりするが、これはむしろシヴァ神への礼拝ではないかと思う。
 

MANTRA-OM NAMAHA SHIVAY-VYANAH

 
 
 
 

Om Namah Shivaya With Shiva Manasa Pooja

 
 
 
 
 たしかに頭頂のチャクラを開けているとは思うのだが、どうも無理やり開けられているような感じがして私はそんなに好きではない。頭のあたりに不快を感じたらやめましょう。
 

OM Overtone chant to open Crown Chakra

 
 
 
 
 ま、こちらも同様。これで不快を感じる人は少ないとは思うが。
 

OM mantra to open Heart Chakra

 
 
 
 

Om Shanti - Mantra

 
 
 
 
 こちらは「オーム・シャンティ・シャンティ・オーム」と唱えている。シャンティは平和の意味。個人的修行のためのマントラというよりは音楽性を中心に置いている。
 

MANTRA-OM SHANTI SHANTI SHANTI-VYANAH

 
 
 
 
 


 
 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。
 
 
 
招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書

 
 
 
 


|

« 音声で触れるジャイナ教 | トップページ | 音声で触れるチベットと中国の仏教のマントラ »

YouTube動画(重いので要注意!)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/43310900

この記事へのトラックバック一覧です: 音声で触れるオーム・マントラ:

« 音声で触れるジャイナ教 | トップページ | 音声で触れるチベットと中国の仏教のマントラ »