« 般若心経解説(14)不生不滅 | トップページ | 『入門 哲学としての仏教』を読んで »

2010年1月27日

CDで日蓮宗のお経

 日蓮宗は他宗は比較して元気がよすぎる。私としては仏教は寂静の境地に至る修行だと思っているので、方向性が違うんではないかという気がしないでもない。ま、それはさておき、いちおう代表的な宗派でもあるので日蓮宗に関してもお経関連の本やCDを紹介しておく。
 
 まず、以下の二つはCD付きのお経解説本である。これらは池上本門寺系の僧侶による読誦である。
 

 

 
 『実修 日蓮宗のお経』(左側)は初心~中級者向きで、おすすめ度★★★★★である。他では収録されていない『法華経』陀羅尼品や普賢咒が入っているところがいい。ただし、私の特殊性かもしれないが、疲れていると聞いていてちょっと頭が痛くなることがあるので、聞き心地は保証できない。
 
 『日蓮宗のお経』(右側)は、初心~初中級者向きで、おすすめ度★★★★☆である。アマゾンのレビューではこのCDはあまり評価されていないが、これくらいパワーが弱いほうが聞きやすいのではなかろうか。
 
 
 以下の二つはCDである。左側の法華宗CDは日蓮系の宗派だが、私が聞くかぎりでは他よりちょっと上品な感じがして聞き心地は悪くない。(天台宗のことを法華宗という場合もあるので検索する場合には注意が必要。)この二つはアマゾンでサンプル試聴ができる。
 
 

 
 

 
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 人気ブログランキング
↑多くの人に読んでもらいたいので、この記事が参考になった方はぜひクリックをお願いします。
 
 
 
招待制の仏教系SNS      分野別・難易度別に整理
SNS仏教談話ネットワーク  おすすめ仏教書
一部コミュニティを公開中    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 
 

 


|

« 般若心経解説(14)不生不滅 | トップページ | 『入門 哲学としての仏教』を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68705/47407256

この記事へのトラックバック一覧です: CDで日蓮宗のお経:

« 般若心経解説(14)不生不滅 | トップページ | 『入門 哲学としての仏教』を読んで »